会社情報

社長挨拶

新型コロナウイルスが私たち一人ひとりの生活に大きな影響を及ぼしています。感染により亡くなられた方々には心よりお悔やみ申し上げます。回復を目指し闘病されておられる方々には一日も早い回復をお祈り申し上げます。そして、患者のケアに日々取り組まれている医療関係者のみなさまには深く感謝申し上げます。

お取引き先様には日頃より当社をご愛顧いただき厚く御礼申し上げます。

当社は伊藤忠グループの主要な食品原料を総合的に取り扱う企業として、伊藤忠商事及び伊藤忠グループ各社との連携のもと、安心・安全・安定の確保を第一にお客様へ原料の納入を行っています。

新型コロナウイルスにより社会インフラに影響が及ぶなかにあっても「食」に係るライフラインを担っているとの高い意識のもと、当社はリモートワーク等の活用による社員の安全確保を図りながら平常業務を維持し、お取引先様への原料納入が滞ることがないよう強い責任感をもって臨んでいます。

さて、私達を取り巻く経済環境については、ITやAIのもたらす技術革新によりビジネスそのものが大きく変化、あるいは消失してしまうと言う、想像を大きく超える変革が生じています。さらに新型コロナウイルスがもたらす「ニューノーマル」は私たちの生活様式を大きく変化させようとしています。このような大きな変革・変化は新しいビジネスを生み出す好機でもあります。伊藤忠グループはグループをあげて次世代ビジネスや「ニューノーマル」という変革・変化への取り組みを進めています。当社においても、「顧客とともに食の進化に貢献する」(使命)に代表される経営理念のもと、次世代ビジネスへの足掛かりとして機能提供重視の取り組みから、お取引先様の課題解決に軸足を置く顧客起点の取り組みへとシフトチェンジを進め、お取引先様の価値向上に取り組んでおります。また、「食のつながりをデザインする企業」(ビジョン)の視点から、「ニューノーマル」における食の生活様式の変化への対応につき多くの発信・取組を進めてまいります。

伊藤忠グループの新企業理念「三方よし」、企業行動指針「ひとりの商人、無数の使命」に沿い、当社は社会とのかかわりを意識した活動を食の分野でさらに展開してまいります。それぞれの商品分野での専門性を高め、お客様との信頼関係を一層強固なものとし、食のリーディングカンパニーとしての強い自覚と誇りのもと、お取引先様の価値向上に努め、お取引先様そして社会から必要とされる会社を引き続き目指してまいります。

伊藤忠食糧はみなさまのご期待にお応えすべく今日よりも豊かな明日のために努めてまいります。

代表取締役社長 近藤秀衛
2020年6月30日